092-471-1620

営業時間:365日営業/朝7時から夜10時まで

092-471-1620

自己資本比率って

企業の財政状態の健全性を示す指標です。総資産が自己資本だけで調達されている状態(総資産=自己資本)が理想です。総資本に占める自己資本の割合が高い(100%に近い)ほどその企業の財政状態は健全といえます。
企業全体の財政状態の健全性を示す指標です。経審では財務健全性指標として掲げられている2つのうちの2つ目です。

自己資本比率

記号 経営状況分析の指標 寄与度 算出式 上限値 下限値
x6 自己資本比率 14.6% 自己資本÷総資本×100 68.5% -68.6%

※1.自己資本比率は、基準決算における自己資本の額(純資産合計)を、基準決算における総資本の額(貸借対照表における負債純資産が合計額)で除して得た数値(その数に小数点以下5位美馬の端数があるときはこれを四捨五入する)を百分比で表したものです。

※2.その当該数値が68.5%を超える場合は68.5%とし、-68.6%に満たない場合は-68.6%とみなします。

 

評点アップ対策

自己資本の充実に努める

 ⇒増資をして資本金を多くします。

 ⇒純利益を継続的に積み増すことで利益剰余金の蓄積を増やします。

 ⇒月ごとに試算表を作成することにより早期に財政状況を把握してください。そそいて赤字決算を避けてください。

総資本を減少させる

 ⇒遊休資産を処分することにより得た資金で借入金などの負債を減少させてください。

 ⇒棚卸品の過剰在庫を減らしてその資金で負債を減らしてください。

 ⇒役員や従業金への貸付金を回収してください。

 ⇒仮払金のような仮勘定科目を精算してください。貸借対照表に残さないようにしてください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ